ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり 自転車&グルメ

PROFILE DESIGN DHバーの比較【V2+ & T3+】

f:id:ken_chan_bike:20200802203342j:plain

男のロマンであるTTバー。旅でのパッキング、タイムトライアルレースなど幅広く利用することができます。今回は数あるTTバーの中でも信頼性の高い「PROFILE DESIGN」のご紹介をします。

旅からの帰宅

7.30~8.1の二泊三日で滋賀、福井、石川、富山、岐阜、愛知の自転車旅。

いつも通りの野宿旅です。最高の景色を楽しめました。

近日中に詳細記事を投稿します。

f:id:ken_chan_bike:20200802194430j:plain

f:id:ken_chan_bike:20200802194426j:plain

PROFILE DESIGN

PROFILE DESIGN V2+

f:id:ken_chan_bike:20200802194156j:plain

さて今回は2016年度のモデル「PROFILE DESIGN V2+」を導入。

久しぶりに平坦を疾走したくなったのである。仕様は以下。

■スタック:35mm
■リーチ:-90、-75、-60、-45mm
■幅:150-305mm
■エクステンション調整量:175-310mm
■クランプ:26.0-31.8mm対応
■カラー:マットブラック
■重量:490g

f:id:ken_chan_bike:20200802194158j:plain

戦闘機に変身。前から見たアングルが最高だ。

V2+の特徴としては、バーがハンドル下付けパッドとバー固定台座が一体構造であること。それ故、パッドの角度調整が不可能、パッド位置調整も不可能である。基本的にパッド位置はハンドルの上部で、バーの位置を前後に動かして、ポジションを出すしかない。

f:id:ken_chan_bike:20200802194203j:plain

 

PROFILE DESIGN T3+

f:id:ken_chan_bike:20200802194200j:plain

これまで使っていたのは「PROFILE DESIGN T3+」。

こちらは超優秀。

理由はパッド固定部が独立しているため、パッドの前後調整、傾き調整も可能。そしてバーをハンドル上部、下部の両方に装着できる。ワイヤー類がバーに干渉する問題も軽減できる。問題はボルト数が多く、調整の手間がかかることくらい。

f:id:ken_chan_bike:20200802194205j:plain

これでしばらくは平坦を楽しもう。

f:id:ken_chan_bike:20200803000234j:plain

 

  

オススメ記事

 

 

www.kencellara.com

 

◆ケンチェラーラって誰?◆
三重県出身のホビーロードレーサー。自転車を漕ぐこと、美味しいものを食べることが大好きな大学生。無人島サバイバル、ヒッチハイク、投資活動など様々なことにチャレンジしています。SNSフォローよろしくお願いします。

ケンチェラーラの自己紹介 - ケンチェラーラ.