ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

ブログタイトル

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
ああああああ
ーまず読んで欲しい記事ー

-王道!三重県グルメ-

-ちょっとディープなグルメ-

グルメ記事一覧

-自転車 オススメ記事-

自転車記事一覧

【静岡抹茶】静岡駅近く!超人気スイーツ!『ななや』の世界一濃い抹茶ジェラート(グルメ・デザート・人気店)

f:id:ken_chan_bike:20201005170739p:plain

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
当ブログでは、三重県グルメ制覇を目標に日々「大手サイトにはない細かいお店情報」を発信しています。

本日は、静岡駅近くの「ななや」でペロペロしてきました!
静岡県藤枝産の抹茶を堪能することができるお店です。7段階の濃さが分かれたジェラートから好きなものを注文します。No.7の抹茶は「世界一濃い抹茶ジェラート」を謳われているほどのものです。

 

お店情報

  • 営業時間 : 11:00~19:00
  • 定休日 : 水曜日(祝日の場合営業)
  • 電話 : 054-251-7783
  • 予算 : 400円~
  • 備考 : カード不可
  • 場所 : 静岡県静岡市葵区両替町2-3-1 浜村ビル1階

お店へのアクセス

f:id:ken_chan_bike:20201005102502j:plain

「JR静岡駅」から徒歩でアクセス可能。

静岡駅北口前の市街の中にお店があります。

下の地図を参考にお店まで行ってみてくださいね。

メニュー

f:id:ken_chan_bike:20201005102451j:plain

  • シングルカップ(350円)
  • ダブルカップ(460円)
  • ▽下記より好きなものを選ぶ▽
  • 抹茶ジェラート(No.1~No.7)
  • 黒ごま
  • いちご
  • 藤枝ハイボール
  • プレーンミルク
  • 抹茶氷
  • ほうじ茶
  • 季節限定(かぼちゃ,マンゴーなど)

「ななや」について詳しく知る

f:id:ken_chan_bike:20201005102523j:plain

「静岡抹茶の魅力を老若男女問わず知ってもらたい」という想いから抹茶ジェラートが誕生したそうです。「ななや」を経営する「丸七製茶」が1988年に静岡県で初めて本格的な抹茶作りに着手したのが静岡抹茶の始まりです。京都の宇治抹茶に比べ知名度はやや劣りますが、その確固たる旨さ故に現在では全国生産量の20%をまかなう抹茶となりました。

f:id:ken_chan_bike:20201005102606j:plain

店内には抹茶と言う抹茶なら何でもあるぞ!

ちなみにジェラートに使用されている抹茶は、静岡県藤枝市北部の山間部で採れたものに限られています。土壌栄養価、ミネラルバランスを徹底管理した上に作られた最高級の抹茶を使用しているそうです。

f:id:ken_chan_bike:20201005102706j:plain

抹茶の濃さについて

f:id:ken_chan_bike:20201005102629j:plain

抹茶の濃さは7段階あります。No.7は「世界一濃い抹茶ジェラートと言われるくらいのものなので相当濃い抹茶となっています。濃度の目安としては以下のようなものだそうです。

No.1はほのかな抹茶の風味が楽しめる濃さ。No.2は、ほんのり香る本格抹茶の風味が味わい。No.3は、当店でレギュラーとしている基準の濃さ。No.4は、抹茶の渋みを感じる大人の味わい。No.5は、ガツンとくる抹茶の渋みがお楽しみいただける味わい。No.6は、「ここまで入れるか?」という濃さ。そして先ほど一番人気と申し上げたNo.7は、「ここまで抹茶が入ったジェラートは世界中どこにもない!」という、まさに究極の味です。

引用 : CAKE.TOKYO

抹茶好きは死ぬまでに一度は食べたほうがよい一品じゃ!

 

ぺろぺろタイム

この世の全ての食材に感謝を込めて、ペロペロします!

 今回は標準抹茶である「No.3」「No.4」「No.5」を注文。

f:id:ken_chan_bike:20201005102725j:plain

「No.3」一般的な抹茶の濃さそのものでした。茶の旨味とジェラートならではの食感が完璧にマッチしているものでした。ほんのりと嗅覚を刺激する抹茶の香りと甘みのダブルパンチ。確かに美味しい抹茶でした。

「No.4」は食べてすぐ分かるくらい濃度がガツンと上がりました。抹茶独特の渋みが脳裏に焼き付きます。後味も抹茶を食べた感が残るものでした。一般的な抹茶好きの方であればこのくらいが丁度いいかと思います。

「No.5」はさらに渋みが上がりました。甘みではなく、完全に渋みの強調が激しくなってきます。私はあまり渋いものが好きではないのでギブアップ。口が梅干しのおばあちゃんや、大の抹茶好きの方であれば全然平気で食べられると思います。

「No.6」「No.7」は道の領域です。もはやネタ感もありますが、「世界一濃い抹茶ジェラート」を食べてみたい方はぜひどうぞ。

f:id:ken_chan_bike:20201005102746j:plain

最高の食事をありがとうございます。
いつも記事を読んで頂きありがとうございます。
ごちそうさまでした!

 

オススメ記事

SNSフォローして頂けると励みになります。
Twitter : kencellara_
Instagram : kencellara_

 

 

◆ケンチェラーラって誰?◆
自転車、グルメ、冒険を探求しながら「ゆる~く まったり」生きる大学生。自転車ではレースに出場したり、旅をしたり、ゲロを吐いたり。グルメでは、美味しいものをぺろぺろしながら、三重県のお店を開拓中。多感多趣味でヒッチハイク、心霊スポット巡り、登山、無人島サバイバルなども。 SNSフォローよろしくお願いします。
ケンチェラーラの自己紹介 - ケンチェラーラ.
/* ヘッダーにボタンを設置 */