ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

ブログタイトル

ああああああ
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【三重県津市】経ヶ峰(きょうがみね)標高819m!平尾ルートで360°絶景パノラマ展望台まで登ってきた!

f:id:ken_chan_bike:20200824211232j:plain

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
三重県津市経ヶ峰に登ってきました!ルートや道中の様子をご紹介します。

登山コースと山情報

三重県津市安濃町美里村にまたがる標高819mの山。

布引山地に属し、青山高原などが近い山。

安濃、津市街が近いということもあり、市民は気軽に800mの山に登ることができる。

山頂の景色が抜群で伊勢湾、知多半島鈴鹿山脈、名古屋などが一望できる。

 登山コース

f:id:ken_chan_bike:20200824213649j:plain

ルートは7通りあり、登り口が沢山あります。

今回は平尾ルートを登ってきました。

登山口

登山口が分かりにくいんじゃ...

まずは、津市草生小学校に向かって下さい。

その後小学校近くの信号を山の方向に曲がります。

道なりを行くと「経ヶ峰」という看板が見えてきます。

お寺横の第一駐車場に駐車するとアスファルト道を数キロ歩くことになります。登山のみを楽しみたい方は下の地図上の矢印に沿って行くと、登山口まで車で登っていくことができます。

f:id:ken_chan_bike:20200824213216j:plain

f:id:ken_chan_bike:20200824211242j:plain

これが登山口です。

10台くらいの駐車スペースがあります。

f:id:ken_chan_bike:20200824211311j:plain

登山開始

f:id:ken_chan_bike:20200824211343j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824211326j:plain

 パノラマルートは絶景ですが、登山靴が必ずいると思います。

今回、母が登山靴を忘れたため渋々平尾ルートを登ります。

f:id:ken_chan_bike:20200824211406j:plain

林浴しながら日ごろの腐れ切った心を洗い流します。

気持ちぇぇえ~。

f:id:ken_chan_bike:20200824211434j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824211455j:plain

朝バタバタしてしまし、朝食を抜いてしまいました。

私としたことが低血糖症状になってしまい、登山開始10分で腹ペコ。

お腹が空いて力が出ないいんじゃ...

カロリーになるものはないかと必死にカバンの中を探します。

母のウエストポーチからスポーツ羊羹と塩分チャージタブレットが出てきました。神からの救いの手がここで降りてきました。

羊羹は栄養価が高く賞味期限が長い食べ物でスポーツの世界では重宝されている補給触です。

また小型軽量なので登山、自転車競技などには最適です。

あのあずきバーで有名な井村屋も「えいようかん」というスポーツ用の羊羹を商品販売しているほどです。

脳天を打ち砕かれるくらい美味しいですし、体がすぐに軽くなりました。

 

汗をかくのでしっかり塩分チャージ。

f:id:ken_chan_bike:20200824211531j:plain

 

f:id:ken_chan_bike:20200824211615j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824211553j:plain

 「山頂の看板」の方向にひたすら進みます。

f:id:ken_chan_bike:20200824211635j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824211838j:plain

道中には自然の生物。

生態系が充実しており、皆さん元気です。

f:id:ken_chan_bike:20200824211856j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824211942j:plain

アブに追いかけ回され、脚を刺されました。

痛ぇやないかい!

f:id:ken_chan_bike:20200824211656j:plain

ご機嫌な母上。

f:id:ken_chan_bike:20200824211736j:plain尾根に出ました。

真っ青な空と鉄塔がお出迎えしてくれます。

f:id:ken_chan_bike:20200824211754j:plain

ゴールが近いようですね。

f:id:ken_chan_bike:20200824211815j:plain

山小屋は冬場にはお兄さんが土日にストーブをたいてくれます。

標高800mを超えると雪も積もりますし、休憩所として山小屋が設置されております。

毎回灯油を担いでこの山小屋まで登ってこられるそうです。

ありがとうございます。

ストーブで水を沸騰させ、美味しいカップ麺など最高でしょう。

f:id:ken_chan_bike:20200824211918j:plain

頂上

登頂!!!

1時間10分ほどで頂上に到着しました。

距離は2.2km。

f:id:ken_chan_bike:20200824212000j:plain

気持ちぇぇ~ですね。

f:id:ken_chan_bike:20200824212017j:plain

なかなかのパノラマ絶景。

f:id:ken_chan_bike:20200824212118j:plain
f:id:ken_chan_bike:20200824212039j:plain

津市街からすぐの場所で360°パノラマで木々なく見渡せる場所があるとは...。

高いビルの屋上とは訳が違うぜ!

f:id:ken_chan_bike:20200824212154j:plain

ウンチも無事に出ました。

f:id:ken_chan_bike:20200824212209j:plain

何この木、不気味だ。

逆さ絵のように、上下どちらから見ても顔に見えます。

「気を付けて帰れよ!」と言ってました。

f:id:ken_chan_bike:20200824212233j:plain

いい汗と最高の景色でした。

ぜひ足を運んでみて下さい。

いつも記事を読んで頂きありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックして頂くとブログランキングが上がります。
応援よろしくお願いします。

オススメ記事

SNSフォローして頂けると励みになります。
Twitter : kencellara_
Instagram : kencellara_

◆ケンチェラーラって誰?◆
自転車、グルメ、金融を突き詰める大学生。旅をしたり、美味しいものをぺろぺろしながら「ゆる~く まったり」生きています。SNSフォローよろしくお願いします。
ケンチェラーラの自己紹介 - ケンチェラーラ.