ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

ブログタイトル

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
ああああああ
ーおすすめ記事ー

高1で身長149cmのチビが2年でゴリラに進化した話

 こんにちは。ケンチェラーラです。いつも記事を読んで頂きありがとうございます。

私は小中高で著しく身長が低く、大変苦労しました。高校入学時の身長は驚異の149cm。女子も含めてクラスでトップレベルのチビでした。しかし2年後の高3にはゴリラへと変貌しました。大学入学時での体力テストでは、握力68kg 背筋235㎏ ベンチ110kg 立ち幅跳び2m90cmとパワー及び瞬発力評価はぶっちぎりでした。今日はチビの苦労話と体が大きくなってどのように環境や認識が変わったかについて実体験をもとにお話したいと思います。どうぞ最後までお付き合い願います。

f:id:ken_chan_bike:20200719215632j:plain

 

体が小さくて苦労したこと

小学校

小学校の頃はよく食べてよく運動していました。しかし一向に成長期を迎えることなく小学生の幕を下ろしました。当時は体が小さかったため、パワー勝負のスポーツなどでは、私に軍配が上がることは絶対にありませんでした。一方、ものすごく身軽だったため、木登り、鉄棒、跳び箱といった運動ではサル顔負けの身体能力を身に付けるように自ずと進化していきました。そして、よくある話ですが、ジャイアンのような子によく「チビ」とバカにされることもあり、精神的な苦労は終始付きまといました

f:id:ken_chan_bike:20200719225750j:plain

f:id:ken_chan_bike:20200719214303j:plain

中学校

中学校に入学しましたが、身長や体格は一向に大きくなりません。剣道をやっていたのですが、パワーがなかったため勝つために、瞬発力を高めようと日々稽古に励んでいました。そうこうしているうちに「チビですばしっこい奴」という印象が周りにも定着していたと思います。また中学でも同様、パワー漲るジャイアンに十字固めなどをお見舞いされ、手も足も出ず涙を流す日々もありました。痛いなどではなかったのですが、自分の物理的な非力さに無力感を感じ、日々打ちひしがれていました。中3でも身長は小学生並みの身長だったため、あだ名は「小学生」でした。この時は流石に「俺の第二次成長期どこいったねん」と焦燥感に襲われ出しました。

f:id:ken_chan_bike:20200719214305j:plain

高校

中学校終盤でも体がチビだったため、当時「少し勉強を頑張ろう」と躍起した甲斐があり、県内有数の進学校に入学することができました。しかし頭は大きくなり、鼻は高くなりましたが、体は大きくならず、身長も高くなりませんでした。これはアカンと感じた私は牛乳をしっかり飲んで、毎日運動をするように心がけました。高校では日々猿のごとく走り回り、様々な先生方に日々怒られていました。私の高校には”武道館”という素晴らしい遊技場があり、私的に器械体操、バドミントン、卓球、テニス、弓道などのスポーツを放課後や授業の合間などに楽しんでいました。その甲斐があってか、高校2年生でようやく体が膨張し始めました。縦のみではなく、横にも大きくなっていく理想的な成長です。そして高3では休み時間に廊下で逆立ちをしたり、壁によじ登ったりしていました。いよいよ高3の1年間で身長が16cm弱伸び、周りからは「お前誰やねん」と言われるようになってきました。

f:id:ken_chan_bike:20200719214548j:plain

f:id:ken_chan_bike:20200719220440j:plain

体を自然に大きくするには

私は体を大きくするためにジムに通ったり、セノビックを愛用したりはしませんでした。意識していたことはシンプルなことです。それは「野生に生きる」ということです。というのは、とにかく体を動かす、しっかり食べるということだけです。また興味のあることに果敢に取り組んだり、やってみようと思ったスポーツを全力で楽しみました。結果として体は太ることなく、ゴリゴリとゴリラに進化していきました。

f:id:ken_chan_bike:20200719214553j:plain

力がついて思ったこと

力がついて変わったことは特にありませんが、一つ挙げるとするならば、精神的な余裕が生じたことです。ある閾値までの富の増加に伴う心理的な余裕の発生と似ている気がします。おそらく本能的に男の場合は筋肉がある、体が大きいと外敵から攻撃されない、狩猟が得意になるなどの利点があるため、精神的な余裕が生まれるのでしょう。「筋トレが最強のソリューション : テストステロン」に記載があるような、「目の前にいる上司が何か言ってきても、俺の本気を出せば力でねじ伏せることができる と考えマウントをとる」などということはしたことがありませんが、自分の身は自分で護身できるようになった気がします。またケガもしにくくなりましたし、打たれ強くなりました。テストステロンさんが言うように、「筋肉が付くと精神的に強くなる」という議題には一理あるように感じます。

f:id:ken_chan_bike:20200719214551j:plain

現在

現在は自転車競技に全力で取り組んでいます。チビだった頃に身に着けた瞬発力や武道館で鍛えられた動体視力、筋力なども大いに役に立っています。また一度体を大きくするとある程度の調整ができるようになりました。体重で言えば62kg~69kg域を自在に行き来することができます。これも簡単なことで「野生に生きる」に背いた行動をとれば、体重は落ちます。例としては食事制限などが挙げられます。またバルクアップしたい際にはメチャクチャ食べて、メチャクチャ動きます。今後も自身の体をコントロールしながら、心身ともに強くなりたいです。

f:id:ken_chan_bike:20200614152209j:plain

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。全国のチビに届け。頑張れチビ。

筋トレええぞ

オススメ記事

 

www.kencellara.com

 

 

www.kencellara.com