ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

【2020夏】雲仙普賢岳HC・ちょっと自転車で2000kmを9日で走ってきた【Part6】

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
ロードバイクに乗ったり、一日一軒三重県のグルメ情報を発信しています。

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ

f:id:ken_chan_bike:20201221104554j:plain

2020年9月8日~9月17日にかけて西日本を旅してきました。

1日平均200km以上走りながら、日本全国の風土、有名スポットを満喫。

今回は「9月13日(DAY6)」の様子をまとめました。

暇な時にでも読んで頂けると幸いです。

※DAY1から順番に読むことを推奨します。

 

2020夏 自転車旅

2020年夏、学生生活は残す所・・・半年。

時間を持て余した大学生がすることはただ一つ。

そう・・・「冒険」である。

自転車を愛する大学生三人は「まだ知らぬ地」を求め三重の地を後にする。

目的地は「九州・四国・中国地方」

西日本を知り尽くすために、己の体一つで自転車を漕ぎ進める。

果たして旅の道中、どのような世界が待ち受けているのか?

三人の大学生が残した冒険の軌跡を紹介します!

Instagramで活動を随時報告しておるぞ!フォローよろしくじゃ!

冒険の記録【DAY6】

f:id:ken_chan_bike:20201221102621p:plain

  • 距離 : 187km
  • 獲得標高 : 3202m
  • 平均速度 : 22.4km/h
  • 移動時間 : 8h24m
  • 起床 : 7:10
  • ルート : 佐賀⇒白石⇒鹿島⇒オレンジロード⇒有明海⇒雲仙HC⇒南島原⇒天草⇒オレンジライン⇒上天草

▽ストラバ走行ログを確認する▽

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

けんちゃん.(@kencellara_)がシェアした投稿

鬱憤なき、最高の天気。

思い返せば旅の前半5日間は晴天の日がありませんでした。

今日は打って変わって、起床時から夏特有の蒸し暑さ。

最高の日にしよう。

f:id:ken_chan_bike:20201221104126j:plain

佐賀市街のコンビニで朝食。

今日は雲仙普賢岳を自転車で登ります。

ひたすら南下、そして超級山岳があるのでHPの減りは間違いなく加速します。

f:id:ken_chan_bike:20201221102951j:plain

美しい夏の早朝。

この”外泊”でしか感じられない心のモヤモヤが吹き飛ぶような朝が大好き。

佐賀市にお別れを告げて出発。

f:id:ken_chan_bike:20201221103012j:plain

ふうちゃんにご挨拶

小城市、白石町経由で鹿島市へ向かいます。

非常に走りやすい路面でした。

長崎県は佐世保方面もまた行ってみたいですね。

道中独特のお人形さん「ふうちゃん」が沢山いました。

f:id:ken_chan_bike:20201221104146j:plain

鹿島市のコンビニで再び朝食。

ここから雲仙普賢岳まで50㎞ほどアップダウンの道が続くので必要以上に食べておきます。

三重県にいる時は”大内山牛乳”か”おいしい牛乳”ばかり飲んでいる私。

コンビニで”おいしい牛乳”を発見。

元気100倍、ケンチェラーラ。

f:id:ken_chan_bike:20201221103034j:plain

オレンジロードが最高すぎる

鹿島から雲仙普賢岳方面へは、長崎県東部有明海に面した国道207号線で行くか、一つ山道に外れた”オレンジロード”を通るかの二択。

今回は景色が素晴らしく、ほぼノンストップで走ることができる”オレンジロード”で南下することにしました。

オレンジロードは多良岳の周りに位置する広域農道のことを指します。

その名の通りオレンジ農園が沢山あります。

そして少し高台となっているので、眼下に美しい有明海が見える最高の道です。

ただし、アップダウンが激しいので体力の消耗に注意。

f:id:ken_chan_bike:20201221104009j:plain

ひたすら真っすぐ。

私もこれくらい真っすぐ生きたい。

f:id:ken_chan_bike:20201221104031j:plain

 雲色が素晴らしいんじゃぁあ~~~。

f:id:ken_chan_bike:20201221103058j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221103118j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221103137j:plain

諫早市(いさはやし)まで一気に駆け抜けます。

f:id:ken_chan_bike:20201221103219j:plain

そびえ立つ超級山岳

f:id:ken_chan_bike:20201221103327j:plain

見えました、あれが教科書にも出てくる活火山「雲仙普賢岳」

長崎県島原半島中央部に聳えており、総計20以上の山々から構成される超級山岳です。

標高は1483m、火山連山に内包される平成新山は長崎県最高峰の山です。

深成岩、火山岩の好物を覚える際「新幹線は借り上げ」と覚えたのが懐かしい。

 

諫早市から雲仙市までは有明海を横断している道路でノンストップ10㎞。

f:id:ken_chan_bike:20201221103346j:plain

まずは腹ごしらえ

雲仙市から多比良を目指します。

猛暑で頭がくらくらしていましたが、バイカーの方に「良い旅を!」とグッとポーズを送ってもらい、元気100倍。

全力で手を振ってお別れ。

今回は国道389号線で雲仙普賢岳をヒルクライムするので、その手前でカーボローディング。

美味しいうどんを頂きました。

f:id:ken_chan_bike:20201221103422j:plain

エルモだよぉ!

f:id:ken_chan_bike:20201221103458j:plain

雲仙普賢岳HC

さて食後。

ここから長いヒルクライム。

35度を超える猛暑の中、ゆったりと雲仙普賢岳を登っていきます。

麓には農家の方が沢山いらっしゃりました。

フクチェのテンションが高く、写真をパシャパシャ。

f:id:ken_chan_bike:20201221104455j:plain

暑すぎる・・・。

f:id:ken_chan_bike:20201221104203j:plain

1時間ほど登ってようやく頂上が見えてきました。

f:id:ken_chan_bike:20201221104216j:plain

天空にきた。

f:id:ken_chan_bike:20201221104234j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221103519j:plain

自転車で行くことがきる最高点に到着。

登山客で賑わっていました。

f:id:ken_chan_bike:20201221104256j:plain

湯煙に包まれて

少し進んで「雲仙温泉」に到着。

活火山をいうこともあり、煙がモクモク。

リゾート地という感じの場所でした。

f:id:ken_chan_bike:20201221102725j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221103643j:plain

道を間違えるのも旅

登った分だけ下ることができる。

超級山岳のダウンヒルほど楽しいものはありません。

f:id:ken_chan_bike:20201221103624j:plain

389号線をひたすら南下すれば天草行きのフェリー乗り場に辿り着くのですが、何故か道を間違えてしまい、57号線に迷い込んでしまいます。

「遠回りも旅の醍醐味」ということで雲仙グリーンロードを突き進んでいきます。

雲仙グリーンロードは雲仙普賢岳周りの広域農道です。

噴火時に幹線道路が使えなくなった際の避難道路としても活用される道。

しかし「農道」と名のつく道は日本全国アップダウンが激しいです。

地獄のようなアップダウンが永遠と続きます。

全員疲労気味だが、美しい展望台を発見。

疲れも吹き飛びます。

f:id:ken_chan_bike:20201221103703j:plain

開発田園でしょうか。

その場にいたオジサンに写真を撮ってもらいました。

ありがとうございます。

f:id:ken_chan_bike:20201221114928j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221103948j:plain

フェリーの時間に間に合いそうになかったので、諦めて「ゆる~く まったり」進んでいきます。

f:id:ken_chan_bike:20201221103720j:plain

ようやく国道389号線に合流。

f:id:ken_chan_bike:20201221103741j:plain

南島原フェリー乗り場での出会い

天草行のフェリー乗り場で待機。

出発まで1時間以上あったので、充電をしたりご飯を食べたり。

今日はまだ日没後に50㎞以上走らないといけないので、その準備をします。

f:id:ken_chan_bike:20201221103800j:plain

フェリー乗り場の売店で弁当を販売していたマダムとお話していると、なんとその娘さんが私と同じ大学だそう。

そして学部まで同じだという事実が発覚。

日本狭すぎる。

手作りの爆弾カロリー弁当を頂きました。

f:id:ken_chan_bike:20201221103821j:plain

マップで土地感を頭に叩き込みます。

f:id:ken_chan_bike:20201221103842j:plain

偉人とのツーショット。

誰か忘れました。すいません。

f:id:ken_chan_bike:20201221103905j:plain

さらば雲仙

フェリーは少し多めにお金を払えば、輪行せずに自転車を積み込むことができます。

疲労や精神的な負荷のことを考えれば、安い額だと思います。

係員の方にお任せして、しっかりと休息します。

f:id:ken_chan_bike:20201221104430j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201221102740j:plain

さらば、南島原!

また来るぜ!きっと。

f:id:ken_chan_bike:20201221102801j:plain

こんにちは天草

やってきました、天草四郎の地である「天草市」

歴史の教科書でお馴染みのあの天草四郎です。

江戸時代のキリシタンで、島原の乱で大活躍した方。

16歳くらいでカリスマ性を発揮していた天才少年、天草四郎。

ケンチェラーラは16歳の時、四六時中女の子のことを考えていました。

島原の乱とは、江戸時代おこった一揆で、日本の歴史で最大の一揆です。

天草、上天草には今でも沢山の名残りがあり、観光地として賑わっています。

f:id:ken_chan_bike:20201221103928j:plain

フクチェの悪趣味で夜の天草の山岳に突入。

海沿いを行けばいいのに・・・。

「オレンジライン」というすごく走りやすい道でした。

星空にはカメラに残せない美しさ、臨場感があるので、頂上で三人で見たあの星空は記憶の片隅にとどめておきます。

f:id:ken_chan_bike:20201221102836j:plain

天草四郎があそこにいる

時刻は21時過ぎ、ようやく「上天草」に到着。

50㎞がとてつもなく、長く感じました。

天草四郎ミュージアムが輝いていました。

f:id:ken_chan_bike:20201221102853j:plain

温泉に急いでピットイン。

閉館まで20分しかありません。

冷水と温水を交互に入浴する「交代浴」を猛スピードでします。

交代浴とは、温水と冷水を交互に入浴することで、血管を収縮、拡張させることで全身の老廃物を流す作用のある秘儀。

心臓が弱い方には難しいですが、私は鉄の心臓をもっているので、旅の道中では欠かさず毎日するようにしています。

これをするだけで次の日の疲労度が全く違ってきます。

最近巷では「ととのう(整う)」とも言われています。

f:id:ken_chan_bike:20201221102912j:plain

その後は天草四郎ミュージアム近くのコインランドリーで洗濯タイム。

その間に晩酌。

床が一揆でもあったのかと思うくらい汚かったです(笑)

0時頃に死ぬように寝ました。

f:id:ken_chan_bike:20201221102931j:plain

DAY7へ続く。

 

冒険の仲間紹介

■ケンチェラーラ.

f:id:ken_chan_bike:20201213143100j:plain

当ブログの管理人。

たまに自転車レースにも出場するが、頑丈な心身からか冒険の方が得意である。

ヒッチハイクで東日本一周、無人島サバイバル、山の上で凍死しかけた経験などで鍛えられた身体は元気100倍アンパンマンもビックリするレベルである。

「気持ちぇえ~~」などと発言するが、実は死ぬくらいキツい時もこの言葉で自分を鼓舞している場合も多数あり。

 

■k fukuda(フクチェ)

f:id:ken_chan_bike:20201213142930j:plain

ゆるキャライダーズの中で自転車歴、自転車愛がマリアナ海溝級に深い男。

細身でパワーがないように見えるが、レース、旅ともに最強の暴君。

おしとやかな性格で、かなりシャイボーイであるが、お酒を飲むと豹変する。

「眠たくなると機嫌が悪くなる」点に注意が必要だ。

 

■ウエダちゃん

f:id:ken_chan_bike:20201213142909j:plain

自転車歴はまだ浅いが、一生懸命練習しておりメキメキ成長している熱い男。

今回の”10日で2000km旅”も完走。

補給食にかなりお金をかけることで知られている。

旅の道中、「もう無理です...ええっ??」などと、あたかも限界発言を連呼するが全然余力を残している謎多き男である。

ゆるキャライダーズ冒険隊三人じゃ!

冒険の相棒紹介

f:id:ken_chan_bike:20201216210009j:plain

最後まで読んで頂きありがとうございました!

当ブログは毎日更新しています!一日の箸休めに是非遊びに来てください!

SNSもフォローよろしくお願いします!

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ