ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

【2020夏】出雲大社・ちょっと自転車で2000kmを9日で走ってきた【Part3】

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
ロードバイクに乗ったり、一日一軒三重県のグルメ情報を発信しています。

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ

f:id:ken_chan_bike:20201217134019j:plain

2020年9月8日~9月17日にかけて西日本を旅してきました。

1日平均200km以上走りながら、日本全国の風土、有名スポットを満喫。

今回は「9月10日(DAY3)」の様子をまとめました。

暇な時にでも読んで頂けると幸いです。

※DAY1から順番に読むことを推奨します。

 

2020夏 自転車旅

2020年夏、学生生活は残す所・・・半年。

時間を持て余した大学生がすることはただ一つ。

そう・・・「冒険」である。

自転車を愛する大学生三人は「まだ知らぬ地」を求め三重の地を後にする。

目的地は「九州・四国・中国地方」

西日本を知り尽くすために、己の体一つで自転車を漕ぎ進める。

果たして旅の道中、どのような世界が待ち受けているのか?

三人の大学生が残した冒険の軌跡を紹介します!

Instagramで活動を随時報告しておるぞ!フォローよろしくじゃ!

冒険の記録【DAY3】

f:id:ken_chan_bike:20201217133719p:plain

  • 距離 : 190km
  • 獲得標高 : 1416m
  • 平均速度 : 26.6km/h
  • 移動時間 : 7h10m
  • 起床 : 6:50
  • ルート : 大山⇒米子⇒境港⇒松江⇒出雲⇒大田⇒温泉津⇒江津⇒浜田

▽ストラバ走行ログを確認する▽

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

けんちゃん.(@kencellara_)がシェアした投稿

自転車旅三日目スタート

9号線沿いの道の駅のコンクリートの上で目を覚ます。

昨日の雨で体力は消耗気味だが、今日は気合で乗り切る。

本日の行程は見どころ満載。

「妖怪横丁・ベタ踏み坂・出雲大社・松江市街」

一日自転車の上で、ひたすらペダルを回す生活は流石に飽きてくるので、たまには観光も必要。

大山から米子方面へ。

海浜運動公園横を通って、米子市に突入。

f:id:ken_chan_bike:20201217133658j:plain

早朝は意外に交通量が多い米子。

米子から境港市に続く道は直線道路だが、信号がかなり多く気持ちよく進めない。

疲労でフラストレーションが溜まる一方だが、淡々と進んでいきます。

 

ふと足元の異変に気付く。

クリートがはまらない。。。

そっとシューズ裏を見ると、クリートのネジが1本無くなっており、固定が緩くなっていました。

「どこかでクリートを調達するしかない・・・」

一瞬そのように考えましたが、残された2本のネジで何とかなりそうだったので、これで旅を続けることにします。

今考えると、あのグラグラの状態でよく残す所1500㎞走破できたなという感じでした。

f:id:ken_chan_bike:20201217133718j:plain

米子の洗車を横目に

米子と言えば、陸上自衛隊の基地が沢山あることで有名です。

道中沢山の戦車がありました。

関西では滅多に洗車を見る機会がないので、何か新鮮な感じ。

小学生の頃、戦車が好きすぎて、段ボールでよく戦車を作って自衛隊ごっごをしていたのは良い思い出。

f:id:ken_chan_bike:20201217133740j:plain

妖怪横丁で鬼太郎とツーショット

気が付くと境港市に到着。

大きな船舶が沢山あり、町中に「水木しげるロード」と書かれた看板。

ゲゲゲの鬼太郎で有名な「妖怪横丁」へ向かいます。

f:id:ken_chan_bike:20201217133758j:plain

誰しも一度は見たことがある不朽の名作。

町中の至る所に妖怪が隠れています。

全長800mに渡って、大量の妖怪が鎮座しています。

f:id:ken_chan_bike:20201217133819j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217133838j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217133856j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217133916j:plain

目玉おやじの目玉をひたすら回す。

妖怪の世界観が忠実に再現されていました。

f:id:ken_chan_bike:20201217133938j:plain

建物をよく見ると結構レトロ。

気になったので歴史を調べてみたところ、昔、境港市は日本有数の漁業の街だったそうで、それに伴って商店街が発達したそうです。

しかし、1970年代のモータリゼーションによって古き良き商店街は衰退。

産業の空洞化を防ぐために、1990年頃に水木しげるが生誕した町ということで、妖怪の銅像を街中に設置。

その後1993年「水木しげるロード」としてオープンしたそうです。

確かに、街の外れに沢山の漁船がありました。

f:id:ken_chan_bike:20201217133958j:plain

いづれにしても、観光地としては良き場所です。

ベタ踏み坂を超えて!島根県に突入!

境港市から松江方面へ向かいます。

この道中にある通称「ベタ踏み坂」と呼ばれる坂がとにかくすごい。

f:id:ken_chan_bike:20201217134016j:plain

なんじゃこの坂!

f:id:ken_chan_bike:20201217134034j:plain

これだけ直線ストレートの道で、道路が傾斜している様子を眺めることができる場所は日本を探してもなかなかありません。

視覚角度は45度、まるで宙に道路が浮いているようです。

某自動車メーカーのCMで「ベタ踏みだろ?」と繰り返し放送されたことから、一躍有名になったそうです。

正式名称は「江島大橋」

なかなかインパクト大でした。

f:id:ken_chan_bike:20201217134114j:plain

島根県県庁所在地 松江市街

ベタ踏み坂を超えて、すぐに松江市街。

町中から「松江城」を拝むことができます。

景観、路面がとても奇麗でした。

f:id:ken_chan_bike:20201217134133j:plain

松江城に少し寄り道。

江戸時代に築かれたお城で、天守閣は国宝。

別名は「千鳥城」。もちろん、サスケは関係ない。

f:id:ken_chan_bike:20201217134151j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134210j:plain

一瞬「我が生涯、一片の悔いなし」と言い残した”ラオウ”に見えました。

f:id:ken_chan_bike:20201217134229j:plain

まるで琵琶湖!宍道湖をぐるり

松江市街を過ぎてしばらくすると「宍道湖(しんじこ)」

周囲約45㎞、全国で7番目に大きい湖だそうです。

海水を見ると塩湖か?と思い、後で調べると、やはり汽水湖でした。

白魚、シジミの産地だそうです。

f:id:ken_chan_bike:20201217134247j:plain

長い長い宍道湖を過ぎて、ヤギとバーバルコミュニケーション。

f:id:ken_chan_bike:20201217134305j:plain

島根県と言えば出雲大社

島根県に観光に来た人ならば、おそらく訪れる超有名観光地「出雲大社」

出雲大社は日本で有名な縁結び・福の神の神社。

日本最古の歴史書である古事記にもその創建の由縁が記されている、めちゃくちゃ歴史のある神社です。

主祭神は「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」、大国主大神さんが、天照大神に国を譲ったとされており、その時に造営された宮殿が出雲大社と言われているそう。

f:id:ken_chan_bike:20201217134324j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134344j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134404j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134423j:plain

伊勢から来たので、伊勢神宮が馴染み深いですが、出雲大社も引けを取らないくらい美しい神社でした。

f:id:ken_chan_bike:20201217134445j:plain

10年前くらい前に来た時は、しめ縄に沢山の小銭が刺さっていた記憶が・・・。

どうやら、あまりにも多くの参拝客がしめ縄にお金を投げ入れるため、しめ縄に重量がかかってしまっていたことが問題視され禁止されたそうです。

f:id:ken_chan_bike:20201217134505j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134526j:plain

魚見坂でオムライス休憩

出雲大社付近は人が多かったので、さらに西へ進みます。

お腹はペコペコ。

永遠に続く9号線で大田市方面へ。

f:id:ken_chan_bike:20201217134901j:plain

コンビニ難民になりかけでしたが、良さげなカフェ発見。

どうやらオムライスが激うまらしいです。

f:id:ken_chan_bike:20201217134623j:plain

優しい店主の方が心温まる特性オムライスを作ってくれました。

めちゃくちゃ美味しかったです。

f:id:ken_chan_bike:20201217134603j:plain

石見銀山横で寝る

食後の眠気と闘いながら、ひたすら進みます。

大田市を過ぎて、「石見銀山」近くの道の駅で休憩。

30分ほど仮眠させて頂きます。

店員さんが優しいまなざしで、何も言わず寝かしてくれました。

ありがとうございます。

f:id:ken_chan_bike:20201217134643j:plain

先頭固定で淡々と進む

フクチェ、ウエダちゃんがお疲れ模様なので、残す所50kmはケンチェが先頭縛りで頑張ります。

沈みゆく夕日。

f:id:ken_chan_bike:20201217134700j:plain

浜田の手前にある江津に到着。

ラストスパート。

f:id:ken_chan_bike:20201217134720j:plain

「目的地周辺です」

ヤギとコミュニケーションをとるフクチェ。

f:id:ken_chan_bike:20201217134739j:plain

夜は美味しい定食屋さんでタンパク質をモリモリ。

f:id:ken_chan_bike:20201217134757j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201217134817j:plain

コインランドリーからの就寝

三日目ということで温泉に併設していたコインランドリーで洗濯。

これで気持ちよく走ることができます。

雨でぬれた衣類はどぶ川のネズミ級に臭いので、洗濯は必須です。

夜は寝床を探して浜田手前まで進みました。

本日も皆で晩酌をして、一日のお疲れ様会。

このために走っている気がしてきました。

f:id:ken_chan_bike:20201217134835j:plain

DAY4へ続く。

 

冒険の仲間紹介

■ケンチェラーラ.

f:id:ken_chan_bike:20201213143100j:plain

当ブログの管理人。

たまに自転車レースにも出場するが、頑丈な心身からか冒険の方が得意である。

ヒッチハイクで東日本一周、無人島サバイバル、山の上で凍死しかけた経験などで鍛えられた身体は元気100倍アンパンマンもビックリするレベルである。

「気持ちぇえ~~」などと発言するが、実は死ぬくらいキツい時もこの言葉で自分を鼓舞している場合も多数あり。

 

■k fukuda(フクチェ)

f:id:ken_chan_bike:20201213142930j:plain

ゆるキャライダーズの中で自転車歴、自転車愛がマリアナ海溝級に深い男。

細身でパワーがないように見えるが、レース、旅ともに最強の暴君。

おしとやかな性格で、かなりシャイボーイであるが、お酒を飲むと豹変する。

「眠たくなると機嫌が悪くなる」点に注意が必要だ。

 

■ウエダちゃん

f:id:ken_chan_bike:20201213142909j:plain

自転車歴はまだ浅いが、一生懸命練習しておりメキメキ成長している熱い男。

今回の”10日で2000km旅”も完走。

補給食にかなりお金をかけることで知られている。

旅の道中、「もう無理です...ええっ??」などと、あたかも限界発言を連呼するが全然余力を残している謎多き男である。

ゆるキャライダーズ冒険隊三人じゃ!

 

冒険の相棒紹介

f:id:ken_chan_bike:20201216210009j:plain

最後まで読んで頂きありがとうございました!

当ブログは毎日更新しています!一日の箸休めに是非遊びに来てください!

SNSもフォローよろしくお願いします!

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ