ケンチェラーラ.

三重県にある飲食店を全店舗制覇。三重県グルメをお探しの際はぜひ当ブログをご活用下さい。地域別・カテゴリー別に検索が可能です。

ケンチェラーラのブログ

王冠現在店舗制覇王冠
おトク情報GET! instagram LINE
ケンチェラーラのプロフィール.

三重県生まれ三重県育ちの「ケンチェラーラ.」が

三重県グルメを食べ歩き, どのサイトよりも詳しくグルメ情報を発信するサイト.

三重県の飲食店を探す際, カテゴリー別, エリア別に検索が可能.

読者限定のイベント特典が盛りだくさんなので、ぜひご活用ください.

Instagramで随時情報をお知らせ @kencellara_food

スポンサー募集・取材依頼はこちら>>

ケンチェ激押しグルメ

志摩のサンドイッチ
肉丸小俣店
カルティベイト
伊勢市のクレープ屋
津市ラーメンコトノハ
うどん長三
明和のカフェシロイロ
網元の八代
ケンチェ番付
1位

お食事処 なかむら

松阪市飯高町にある伝説の定食屋

4位

一円相

三重県松阪市にあるコスパ最強の居酒屋

2位

虎丸

ミシュランガイド掲載!伊勢で一番美味い海産物

5位

カツレツAvanti

松阪市で究極のトンカツ!シャトーブリアンがヤバい

3位

Cafe&Store 楽

雰囲気・料理など全てが完璧のカフェ

6位

鬼瓦

三重県南部を代表する海鮮料理の王様

ケンチェ番付
1位

お食事処 なかむら

松阪市飯高町にある伝説の定食屋

2位

虎丸

ミシュランガイド掲載!伊勢で一番美味い海産物

3位

Cafe&Store 楽

雰囲気・料理など全てが完璧のカフェ

4位

一円相

三重県松阪市にあるコスパ最強の居酒屋

5位

カツレツAvanti

松阪市で究極のトンカツ!シャトーブリアンがヤバい

6位

鬼瓦

三重県南部を代表する海鮮料理の王様

4位以下を表示
ご意見・ご要望は下記フォームからお気軽にどうぞ!
例:行って欲しいお店、コラボのご依頼、etc..
閉じる
※Googleフォームが開きます
※ページの遷移はございません

【エキスパート】リトルワールドサイクルミーティングに参加してきた!

シェア

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
ロードバイクに乗ったり、一日一軒三重県のグルメ情報を発信しています。

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ

f:id:ken_chan_bike:20201206162739j:plain

2020年12月6日愛知県犬山市で開催された自転車レース「リトルワールドサイクルミーティング」に参加させて頂きました。

今回は東海圏で有名な方も多く参戦しており、白熱したレースとなりました。

ゆるキャライダーズからは、リョウさん、フクチェ、ケンチェの三人が出走。

初出場でしたが、最上位カテゴリー「エキスパート」で闘ってきました。

レースの様子、機材関係などを紹介させて頂きます。

 

使用機材

機材はいつもと一緒。

練習もレースもこれ一本。

ノーマルバイク、ゾンダ、サイコンなしと研ぎ澄まされた機材。

近所のゆるポタリストと勘違いされそうだ。

f:id:ken_chan_bike:20201129171153j:plain

  • フレーム : GIANT TCR ADVANCED 1 KOM
  • コンポーネント : SHIMANO ULTEGRA
  • サドル : plologo kappa evo
  • ホイール : Campagnolo zonda
  • タイヤ : Continental GrandPrix 5000
  • シューズ : Fizik infinite
  • ウェア : SUNVOLT S-RIDE
  • ヘルメット : ボントレガー

目標と戦略

10月に入ってから「ツールド・モリコロパーク キングオブエンデューロ」が最終戦と思って調整を開始。

去年は全くレースに出場することなく、ゆる~くまったり自転車ライフを楽しんでおりましたが、今年度は9月頃のレースを皮切りに、ケンチェの闘争心に火が付いたよう。

今回はチーム員であるk fukudaに誘われてリトルワールドサイクルミーティングに出走する流れになりました。

完走、あわよくば勝ちを狙いに行くという消極的な目標でレースに挑みました。

Nerebani、PIT、MKW、TEAM ORCA、愛三工業レーシングなど実業団上位選手も多数出走しており、どうやら「ゆる~く まったり」では走れない様子の雰囲気でした。

チーム戦略は「協力して闘う」、個人戦略は「逃げられないようにレースを展開する」の二本柱で勝負。

塩澤選手、Nerebaniのゴリゴリの方々が恐らく逃げると読んでいました。

f:id:ken_chan_bike:20201206153549j:plain

愛知県犬山市リトルワールドへ

午前3時30分起床。睡眠時間3時間30分とかなりキツイ。

早朝はケンチェ弁当を一人寂しく作ります。1時間のレースなので、レース開始1時間30分前くらいからカーボローディング開始予定。

とりあえず朝はお米を食べておけば問題なしです。

f:id:ken_chan_bike:20201206153452j:plain

フクチェと松阪で合流してから、下道で走ること2時間30分。

車内では今日の戦略やコースの特徴などを話し合っていました。到着寸前、ベストタイミングでブツを出したくなったので、コンビニにピットイン。

朝から二回排出したので、懸念要因は皆無。

f:id:ken_chan_bike:20201206153511j:plain

リトルワールドサイクルミーティング

到着したのは7時頃。レース開始30分前とかなりギリギリ。

リトルワールドは一人1600円+駐車料金900円の格安自転車レースです。

急いで選手受付を済ませ会場入り。ぶるぶる震えていると、受付のマダムに「寒いの?大丈夫?」と声掛けされました。

エキスパートカテゴリーは40人出走可能ですが、到着時には39人埋まっていました。これではフクチェ、ケンチェのどちらかが出走できないので、無理を言って二人とも出走させて頂くことになりました。本当にありがとうございます。

開始まで25分程度、急いで着替えてリトルワールドの坂でアップ開始。

5分程度しかアップができず、何とも言えない状態でスタート位置に。

塩澤選手、mkw すけさん、平井さんなどにご挨拶。会場での出会いはレース外での隠れた楽しみですね。

f:id:ken_chan_bike:20201206153531j:plain

リトルワールドサイクルミーティング エキスパートレース開始

レース前

スタート直前のリョウさん(手前)、フクチェ(奥)。二人とも緊張している様子はそこまでなし。

三人とも、ゆるキャライダーズ「カメラのキタムラ練」をしっかりとこなしているので千切れることはないと考えてレース開始。

ちなみに、会場で唯一「気温4℃ 半袖 半ズボン」だったので私です。

f:id:ken_chan_bike:20201206153608j:plain

スタート~10周目

スタートからNerebaniの選手を中心に先頭が固まる。

集団内での位置取りを変えるなら、1分30秒程度の登りで少し足を使って前に出るのが堅実。

集団前方に上がって、コースを確認。

試走しなかったので、下りきりからの90度カーブが現れた時は流石にチキりました。1周目私の後ろの方、変なインターバルかけてすいませんでした。

リトルワールドの自転車レースは、スタートからリアルスタートなので、強度が一気に上がります。アップをしっかりしておかないと、私のように心臓破裂するので注意。

3周くらいでようやくアップ完了。

今回は登りでガツンと上がることはなく、登り中盤の緩い区間から頂上までにガツンと上がる感じが多かったです。西澤選手、Nerebaniの選手、ORCAの森崎選手、塩澤選手などが登りで揺さぶりをかけていた印象。

5周目くらいで逃げ集団ができたので、ブリッジを試みる。先頭にいたフクチェに一緒においかけようと手信号するもワンと無視され、渋々一人で追いかけます。

何とか登り切りで追いつくも、単独ではなく後ろに集団を引き連れてきてしまう。レースは振り出しに戻り、集団中盤で少し休憩。登りもヤバい強度ではないので、後ろにいれば周回数を重ねていくと呼吸が落ち着いてきます。

ただし、後ろにいると、下りからの直角カーブでインターバルがかかるので注意が必要。

8周目くらいからNerebaniの川崎選手、古閑選手、若杉選手が逃げを開始。塩澤選手、愛三工業レーシング選手も集団にいたので放置。

 

10周目~最終周

気が付くとレースも終盤。

サイコンのない私にとって、スタート位置の「あと〇周」のボードは本当にありがたい。

10周目くらいからリョウさんとお話しながら作戦会議。余力があったら最後1分ぐちゃぐちゃにペダルを踏みつぶすとケンチェスタイルで勝負すると決めて。

Nerebaniの和田選手がチーム員の逃げを活かすために、集団のペースを抑えており、ローテする者が少なく感じました。

13周目くらいから焦燥感が出てきて、集団はペースアップ。

14周目先頭との差は7秒程度、登りで岐阜第一高等学校の西澤選手が飛び出したのでケンチェもブリッジ。西澤選手、森崎選手、ケンチェの三人で声掛けし合って、5秒ローテ開始。

無事にNerebaniの逃げを吸収。レースは最終周に突入。

塩澤選手が案の定、登りでアタック。フクチェが全力で単独ブリッジ。

私は誰か追いかけないかと2秒ほど様子見、これか敗因でした。一瞬の判断が大きくレースを左右する。前回のモリコロも踏まえて、最終局面での塩澤選手のアタックは死ぬ気でチェックする必要があると分かっていたのに体が反応できなかった。まだまだだ!

フクチェは無事に塩澤選手にブリッジ成功。

後で聞いたが、塩澤選手と二人で逃げるも、下りきりからの平坦で塩澤選手にアタックされ、千切られたそう。記録には残らないが、レースの立役者だと思う。流石フクチェ。

塩澤選手はそのまま逃げ切り優勝!強すぎます!

私はそのまま集団ゴール。

f:id:ken_chan_bike:20201206153630j:plain

結果

 集団ゴール、敗北!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

けんちゃん.(@kencellara_)がシェアした投稿

感想

f:id:ken_chan_bike:20201206153442j:plain

40人出走で完走者は15人程度。

ゆるキャライダーズは無事全員完走!

キツイ強度でしたが、冷静にレース状況を把握できました。

やはりスポーツは練習した分だけ強くなるんだなと思いました。

レースの展開やベースとなるパワーがまだまだ不足しているようで、場数を踏むたびに学ぶことが多いと感じる今日この頃です。

反省点は最終局面で塩澤選手をフクチェと一緒に追いかけなかったことです。一瞬の判断と勇気がまだまだ足りないと感じました。また次回チームで出走する際は協力してレースの駆け引きも楽しめたらと思いました。

会場で「ケンチェラーラさん!」とお声掛けして下さった皆様ありがとうございました!大変嬉しかったです。

結果はどうであれ、ゆるキャライダーズ「リョウさん」「フクチェ」と一緒に出走することができ、私個人としては大変思い出深いレースとなりました。ありがとう!

 

ゆるキャライダーズ 新ジャージ

終了後は今年度のチームジャージを受け取り。これを着て来年もボチボチレースに出ようと考えています。

f:id:ken_chan_bike:20201206153745j:plain

帰りはフクチェと反省会をしながら帰宅。運転ありがとう!

参加された皆様、お疲れ様でした。

また対戦よろしくお願いします。

f:id:ken_chan_bike:20201206153805j:plain

ゆるキャライダーズ出走者

全然ゆる~くまったりではなかったですが、レースを楽しむことができました!

ライド情報

  • 距離 : 39km
  • 獲得標高 : 618m
  • 平均速度 : 39.4km/h
  • 移動時間 : 59m
  • 開始 : 7:36
  • 終了 : 8:35
  • 会場 : 愛知県犬山市リトルワールド周回

▽ストラバ走行ログを確認する▽

最後まで読んで頂きありがとうございました!

当ブログは毎日更新しています!一日の箸休めに是非遊びに来てください!

SNSもフォローよろしくお願いします!

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ