ケンチェラーラの自転車日記

ケンチェラーラ.

ゆる~く まったり ケンチェラーラ.

ブログタイトル

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
ーまず読んで欲しい記事ー

-絶対に外せないグルメ-

-ケンチェのおすすめグルメ-

-自転車の世界へ-

自転車は感覚で走るのか?データで走るのか?そんなん知らんがな。

こんにちわ!
ケンチェラーラです!
ロードバイクに乗ったり、一日一軒三重県のグルメ情報を発信しています。

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ

f:id:ken_chan_bike:20201031140844p:plain

 

昔嫌いだった雲丹が今では友達

昨日は雲丹を食べた。昔は生臭さが同氏も無理で、大嫌いだったが今となっては大好物となっている。

f:id:ken_chan_bike:20201031134653j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201031134714j:plain

f:id:ken_chan_bike:20201031134734j:plain

福王神社の天狗坂上がりのレポートを読んでいた。来年度は開催されることを願っています。年明けから本格的に短時間超高強度練習をしていく予定。文倉さんの一言で思い出したが、早朝の大仏練をまた少しずつしていきたい。朝は寒いが、布団の中でいつまでもぬくぬくとしているよりは、早朝の30分で思い切り汗を流して一日の始まりにメリハリをつけた方がいい。もう少し寒くなったら大仏練だな。

f:id:ken_chan_bike:20201030212031j:plain

ハリーポッター秘密の部屋

夜は少し仮眠をとってから、ハリーポッターの秘密の部屋を見ていた。金曜ロードショーを見たのは数年ぶりだった。たまにはまったり寛ぐのも良きことだ。

 

昼食と作業

起床後、時間がなかったので適当にご飯。

f:id:ken_chan_bike:20201031134754j:plain

グルメ記事を書いた。時間がかかる作業だが、自分のグルメ知識が増えていく感覚がたまらなく好きだ。コツコツ続けていこう。

f:id:ken_chan_bike:20201031134815j:plain

短時間で仕上げるライド

記事を書き終えた後はすぐにライド。11月3日にあるツールド・エコパに向けての練習。短時間でも乗らないよりは乗った方がましだ。全身に血流を巡らせておき、パフォーマンスレベルをキープまたは向上させる。この四日間きちんと練習をしたが、体重が数キロ落ちた。脚の持久力はまだまだ理想には到達していないが、ある程度のパワーはキープできるようになってきた気がする。明日は起きれたら平田クリテに参加するが、多分起きれない気がする(笑)

f:id:ken_chan_bike:20201031134834j:plain

いろいろ考えたが、ツールド・エコパ、平田クリテ、鈴鹿のレースはサイコンなしで行こうと思う。時速などは正直どうでもいい情報だし、必要な情報はケイデンス、パワー、時間の三つ程度。来年からはパワメ、機材、TTバイクなどを本格導入するので、ケイデンス、パワーなどの定量的な値は気にしないスタンスを今年度は貫こうと考えた。ライド全てをデータで楽しむと自転車本来の楽しみの一つである自己と向き合う時間が少なくなる気がしてしかたがない。競技をする者にとってデータは絶対だが、全てそれに囚われてしますと、自分の限界値を決めつけたり、自分に課すプレッシャーも大きくなるので、趣味として楽しめなくなる人も中には沢山いると思う。結論、自分の自転車に対する向き合い方で決めればいいと思う。私は、四年間ろくに機材に投資はしなかったが、自分のメンタルと身体には十分投資できた。リターンは莫大なものだ。大会当日、私に情報を与えてくれるサイクルコンピューターはG-SHOCK、君一人だけだ。

f:id:ken_chan_bike:20201031140341j:plain

ライド情報

  • 距離 : 8.2km
  • 獲得標高 : 23m
  • 平均速度 : 37.0km/h
  • 移動時間 : 13m
  • 出発 : 13:25
  • 帰宅 : 13:40
  • ルート : 出発⇒明野周回⇒帰宅

▽ストラバ走行ログを確認する▽

最後まで読んで頂きありがとうございました!

趣味を継続して突き詰めることは難しいぜ!

ケンチェ飯では、一日一軒、三重県グルメ情報をどこよりも詳しく発信しています!

■Instagram : @kencellara_

■Twitter : @kencellara_


■LINE : ケンチェ飯


■ページトップへ

オススメ記事